家庭用吸入器 A&Dホットシャワー3 UN-133B

家庭用吸入器の人気商品ホットシャワー3を購入しました。

ホットシャワーの旧型を6年近く使っていましたが、
3のほうはスチームの発生方式が超音波温熱式で、
43度・5ミクロンのきめ細かいミストが出てくるのです。
スチームの量も旧型に比べたらかなり多いです。

本体の幅が10cmぐらいとスリムなのがいいですね。
P1020298_R.JPG
P1020300_R.JPG


部品をばらすとこんな感じです。
P1020293_R.JPG

専用の吸入液などはいりません。
水道水と食塩だけでOK。食塩も、入れなくてもスチームにむせない人は水のみでOK。
塩を入れるのは、生理食塩水の濃度と同じにして刺激を少なくするためなのです。

カートリッジのタンク(左の穴)に水道水を入れます。
P1020295_R.JPG

次に吸入液カップの内側のピンクの線まで水道水を入れて、
食塩を入れない場合はこのままカートリッジタンクにセットします。
P1020296_R.JPG

食塩を入れる場合は、一手間かかりますが別容器にこの水道水をあけて
添付されている専用食塩計量スプーン1杯分のお塩を入れて混ぜます。
できあがった食塩水を吸入液カップに戻します。そしてカートリッジにセット。

電源を入れると10数秒でスチームが出てきます。朝の忙しい時間にはこの速さは嬉しい。
霧の細かさは旧型に比べると目で見てもわかるほど違います。

口と鼻をマスクに近づけて、鼻に多くスチームを入れるなら鼻から吸い込み、
のどに入れたいなら口から吸い込みます。
小さいお子さんには「お鼻の奥まで入っていくようにゆっくり大きく吸おうね」と
いうような声かけをすればわかりやすいかも。

43度という温度でも全然熱くありませんのでお子さんでも安心です。
約5分間の吸入ですが、半分時間が過ぎるとお知らせブザーがなります。

吸入が終わったら、こんなふうに吸入マスクとカートリッジタンクをはずします。
基本的にお手入れは部品をはずして清潔なふきん等で拭けばいいのです。
P1020297_R.JPG

我が家では冬に入る時期から花粉の時期までは子供がひんぱんに使うので
本体はテーブル横に置いています。
マスクとカートリッジはキッチンへ。
マスクを軽く水で洗って拭き、カートリッジ内の水を捨て、吸入液タンクを軽く水洗いして
終わり。

ちなみに吸入タンクの底はやや薄い膜のような素材なので
破かないようにしましょう。
もし破れてしまっても、ホットシャワーは部品が楽天のショップでも売られているので
すぐ買うことができて安心だし、便利です。

吸入器の効果についてですが・・・・

ホットシャワーは家庭用ですので、病院のものや喘息用ネプライザーと違って
薬液を使うものではありません。
ならば気休めかというと、私は、我が家では吸入器を6年使ってきて
特に鼻風邪には効果があると感じています。
吸入器を使うと治りが早いのです。
特に、鼻水が出てきて、奥もちょっと詰まってきた、というぐらいの
風邪の引き始めから使うと薬を飲ませなくても済むこともたびたびあります。

風邪からくる咳の場合も、鼻水がのどの奥のほうに降りていって
咳を誘発するということですので、やはり鼻の症状を先に軽減することが
咳を減らすことにもなると思います。

そういった意味でも吸入して鼻の粘膜の血流を良くしたり
潤わせることで粘膜の再生を助けることは、回復を早めることに
つながるのではないかと思っています。

正しく使えば何年も使えるものなので、送料込みで6000円程度で買えるこのホットシャワーは
かなりお買い得なものだと思いますよるんるん

ホットシャワー3の現在の楽天最安値はこちらです

タグ:吸入器 風邪予防 インフルエンザ予防 口コミ 鼻炎
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


レディ★ステの!TOPへ戻る

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。